ランドセルのフィッティング


ランドセルのフィッティングが良いかどうかは、2つの大事な点を知ればわかります。
肩に均等に重さがかからなければ、もの凄く気持ち悪いです。

肩ベルトの接触面が広く、肩と肩ベルトがぴったりして変に重い感じがなければ、本人に適しています。肩紐を丁度に合わせて、ランドセルを垂線方向に起こしたときに、背中に違和感のないことです。ランドセルの決定は使用する子供が欲しがる通りを使うわが子の要望を、そのまま受け入れてよいのか。割り切ることはできませんが、子供の要望も半分は聞かないといけないと考えるお母さんが多いようです。

だけど子供の希望だけを一番優先してもオカシイと思います。要するにどうしたら良いか決める根拠がないと困るわけです。一つ大事な事は、親として譲れない基準を持っておきましょう。

現在の自然皮革のランドセル

現在の自然皮革のランドセルは、昔のように使用しているうちにキズが入ったり、雨や水分が深く浸透して硬くなったり、保湿クリームを塗ったりなどのように、手入れが手間になることはまずありません。
コードバンや牛革に防水液がしっかりと沁み込んでいるので、少し雨に濡れたぐらいでは濡れたままでも構わない程、雨が浸み込まないようになっています。

好評のフィットちゃんランドセルは、色もデザインも素材も豊富です。値段もいろいろあって、ランドセルの相場に合ったお代になっています。2015年のフィットちゃんは、2015年度と比べてかなりa4フラットファイル対応ランドセルが増えています。それに加えて色、デザインは沢山種類があるので、今年も人気があるでしょう。ランドセルを買う時期をいつ頃が適当なのか迷うものです。それこそ昔は年を越してからが、ランドセルが一番売れたころだったのですが、今ではお盆頃がピークになりつつあります。2015年になってからは春の名残のある5月に、春が過ぎたら早々にランドセルを売る流通大手がありました。

販売数の多いランドセルも、昨年とくらべて大きな違いはないでしょう。ランドセルの寸法が大きいと重量が増しますし、小型だと軽くても学校の学用品があまり入りません。
学校へむかう途上で事故に遭う事もあるので、両手は何ももたない方が事故を未然に防げます。

そういう事情でランドセルは沢山物が入る大きめのランドセルを選択するのが間ちがいないでしょう。
ランドセルが、子一緒にアレルギーを起こす事があると聞いたことがありますか?春から秋の汗をかくシーズンになるとほんのわずか金属が汗に溶け出して汗をとおして皮膚(実は常在菌がいるそうです。そう考えるとちょっと怖いかもしれません)に入りこんで、予想外のアレルギーで赤くなることがあります。現時点で何かアレルギーを持ってるなら金属アレルギー(ピアスなどのアクセサリーやメガネ、腕時計などに使われている金属が原因になることも多いでしょう)の可能性もあるので、どうにかしたいなら皮膚科を選んでバッチテスト検査しましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ