男の子はランドセルの使用の仕方が手荒


antigue-bronz-premium0618男の子はランドセルの使用の仕方が手荒になることもあるので、破損してしまうこともありえると、ある程度は覚悟しておくことは必要かもしれません。
もし、子供の落ち度でランドセルが壊れたら6年保証は効きません。だからなるべく丈夫なランドセルを注文しておいた方が良いですよ。

ランドセルは義務ではありませんが

ランドセルは絶対に必要なものになるので、わが子の小学校への入学に間に合せて準備する必要があります。ランドセルでなくても問題ないんですが、殆どの人がランドセルを購入しているのが現状です。ランドセルが一番使いやすいし、何しろある程度の重さのある物を運ぶのに一番使いやすいのがランドセルなんですから、ランドセルを選ぶのは自然なことなんですね。

どんなランドセルを選ぶ?

コードバンなど高級革で造ったランドセルは、スペック表から重いとするママが居ますが、最近はかなりランドセル事情が変化して、背負ってみたらかなり軽く感じる天然皮革のランドセルが沢山あります。これが静かなブームになってるんです。
9割を占めている人工皮革のランドセルよりも、自然皮革のランドセルの方が質が高いのですから、価格は高いかもしれませんが後悔はしないでしょう。自然皮革のランドセルは、長く使い続けるとキズが入ったり、雨や水分が深く浸透して硬くなったり、大変手間のかかるようなことは今ではもうありません。しっかりしたランドセルメーカーでは、自然皮革にしっかりと防水液が沁みこませてあるので、少々の雨降りぐらいでは濡らしたままでも構わないほど、防水性が高くなっています。

a4フラットファイル対応ランドセルが増えています

2016年度のランドセルはA4フラットファイルが入るランドセルが増える傾向がはっきりと現れてきています。その理由は、A4フラットファイル対応がのランドセルが実際の要望に叶っているからです。特に工房系のランドセルメーカーに消費者の声の結果として出ています。今後はますます天然皮革を扱う工房のA4フラットファイル対応ランドセルが購入する人が増えるでしょう。

ランドセルの肩ベルトは、わん曲して起き上がっているものと起き上がってはいないものの2種類が製造されています。立ち上がっている肩ベルトは肩に優しい形との事ですが、必ずそうだということはなく、内部に芯になる素材が入っているとフィットどころか違和感を感じるようです。気を付けて下さい。

先の話ですが、6年間使ったランドセルの処分は・・

6年間共に通ったランドセルの始末もどうしたら最良なのかわからないものです。ゴミとして捨てるにはあまりに惜しいし、何分の一かのランドセルにリメイクする事を考えることもあります。あるいは他国の子供が使えるようにもできます。殆どがアフガニスタンのような戦時体制の中で学校に行っているが、教育関係の物が大いに不足しているところです。いずれにしろ6年間大切に使用したたランドセルは、ランドセルとしてでない他の使い方をじっくり考えたいものです。

会社からランドセルをプレゼント

事業所からランドセルを頂く人も、あるようですね。ですが多くの場合、1万円ほどの軽めのランドセルなので本当に使えるものなのか不安になるようです。皮革の厚みが薄かったり背カンが不安材料だと言われながら貰うのはどんなものでしょう。正直貰わない方が良いようなものですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ