女の子好みのランドセル


女の子は女の子好みのランドセルを選ぶために関心が集中しますが、誰が見ても可愛らしすぎると4、5年生になっ立ときに、見てもなんとも感じなくなったり恥ずかしくなって背負いたがらなくなります。

そうはならないためにも派手な色やデザインでないランドセルを選んだ方が無難です。

ランドセルのサイズが大きいと重くなりますし、内容量が少なくて軽量でも学校の必要品があまり入りません。

学校に行く途中で事故に遭遇することもあるので手には何も持たない方が事故に遭遇しても巻き込まれません。

そういう事情でランドセルはさまざま収納できる大き目のランドセルを選んだ方が幼稚園の最後の年になると小学校の入学式にむけてさまざまと揃えたりするようになります。入学準備の中でもランドセルを選ぶのがママの頭が混乱するほどの一筋縄ではいかないものです。

2つ三つのランドセルを比較したけでは良くわからないのでまず先輩のママから意見を聞いたり、価格関係なく良いと思ったランドセルを実物があれば見せてもらいます。平成27年のランドセルフィットちゃんは平成26年とほぼ変わりありません。

A4フラットファイルに合わせた仕様も変更なく2つのみです。それでも色やデザインが豊富なので平成28年度も好評を博すでしょう。ランドセルを注文予約する時期をさあどうしたものかと考えこんでしまいます。昔はお正月の頃がランドセル売り場が一番賑わった頃なのですが、今は随分早くなってお盆の帰省時が一番売れているそうです。
2015年になってからは春の名残のある5月に早期ランドセル販売をする流通大手がありました。

6年間使ったランドセルの処分もどうしたら良いかわからないものです。

ゴミ捨てに置いてくるのもできないしとっても小さなランドセルにリメイクする事をぱっと思いついたりしますが、他国のおこちゃまが使えるようにできます。殆どがアフガニスタンのような戦火の中で学校に通っているが、物資が無いようなところです。

それは置いておいて6年の間大切に丁寧にケアしてきたランドセルはその後の使い道をじっくり考えたいものです。

牛革などで作ったランドセルは重いから選ばないというお母さんがいますが、現在はとっても事情が変わっていて持って重くても背負うと軽い自然皮革のランドセルが注目を集めいます。

量販店にあるような人工皮革のランドセルよりも職人の技術を駆使した作品ですからワンランク上の価格ですが買う価値はあります。

男の子はランドセルのあつかいが雑になり勝ちなので、破損することもなきにしも非ずと思っていた方が気もちが楽です。うっかりした行為で壊れたら修理保証は無効なので、壊れないというランドセルを選択する方が正解でしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ